LECTURE MOVIE

  • LECTURE MOVIE

講義動画作成

コロナショック以降、非対面ビジネスへ移行したいということで、
今まで対面で行っていた講義などを動画コンテンツにしたいというご相談が増えてきています。

お客様のお持ちのノウハウ・技術などを動画コンテンツとして製作いたします。
納品はWebサイト(お客様のサイトやYouTubeなど)・DVD・Blu-rayなどご希望のメディアで納品させていただきます。

WORKS

作例

LECTURE
スライドと講師の合成例

LECTURE
講義動画サンプル

PROMOTION
講座プロモーション動画#1

PROMOTION
講座プロモーション動画#2

PRICE

撮影料金

30分以内の講義動画の撮影・編集となります。
本数をお選びください。

  • 本数:1本

    ¥60,000

  • 本数:3本

    ¥120,000

  • 本数:10本

    ¥280,000

その他、お気軽にお問い合わせください。

依頼・問い合わせをする

※価格はすべて税込み表記です。

FLOW

動画制作の流れ

動画制作の流れは、確かなステップを踏むことが不可欠です。動画制作の流れに焦点を当て、手順やポイントについて紹介いたします。
動画制作は複雑なプロセスから成り立っており、スムーズな進行を促進するためには、以下のステップを確実に踏むことが求められます。

①ご相談・ご依頼

ここでのコミュニケーションが全ての基盤となるので、しっかりお話を伺います。お客様の要望や目的を十分に理解し、提案書をまとめます。

②企画(コンテ・シナリオ作成)

お客様の要望をもとに、ターゲットオーディエンス、配信プラットフォーム、動画の目的を明確にします。そこから動画のコンセプトを練り上げます。これにより、動画制作の方向性を明確にします。

③撮影・素材制作

企画に基づき、撮影や素材の制作に取り掛かります。高品質な映像を作り出すため、準備から撮影まで細心の注意を払います。
撮影準備から実際の撮影までの期間は1~2週間を見込んでいただければと思います。

④編集

撮影が終われば、編集作業に入ります。映像の流れやテンポを調整しながら、お客様と連携を取りつつ、最適な編集を行います。

⑤音入れ

映像がほぼ完成したら、音楽や効果音の選定と加工を行います。音の要素も動画の印象を左右するため、慎重に選定します。動画制作の一環として、お客様に適切な提案を行います。

⑥納品

最後に細部の確認を行い、完成した動画をお客様にお届けします。ファイル形式や配信方法は、お客様が最も使いやすい方法をお選びいたします。
動画制作の全体的な期間はプロジェクトにより異なりますが、一般的には2週間から8週間を見込んでいます。ご依頼から発注、そして企画考案、撮影準備、編集・オーディオといった各段階を丁寧に進行します。

何よりも、お客様との透明かつ密接なコミュニケーションが成功の鍵です。ご要望を詳細に把握し、それを動画に反映させることで、満足いただける成果をお届けします。

EXPLANATION

動画制作の費用相場をご依頼別に解説!

動画制作は、ビジネスや個人のプロモーションにおいて効果的な手段として広く活用されています。
しかし、制作費用はご依頼する範囲や目的によって異なります。今回は特に個人(フリーランス)と動画制作会社に依頼する場合の費用相場を解説します。

個人(フリーランス)に依頼する場合の費用相場

個人にご依頼する場合、動画制作の費用は一般的に5~15万円程度とされています。フリーランスは一人で作業を請け負うことが一般的であり、人件費を抑えられる特徴があります。
基本的には撮影、編集、ナレーションなどの工程が含まれ、制作にかかる日数や手間によっても費用が変動します。

動画制作会社に依頼する場合の費用相場

一方、動画制作会社にご依頼する場合は、動画制作の費用が10~数100万円程度になります。会社が動画制作をする場合は、何人かの専門スタッフが高度な機材を用いることになるため、それに伴う費用が高くなります。
大規模な広告動画やプロモーション映像など、高度な品質が求められる場合は、費用が高額になる傾向があります。

動画制作費用の要因

動画制作の費用は、企画、撮影、編集などの工程にかかる人件費が主な要因です。個人のクリエイターにご依頼する場合、作業範囲によって費用が異なります。
例えば、撮影だけ、編集だけ、ナレーションだけなど、必要な要素に合わせてご依頼することが一般的です。

用途や表現方法による差異

動画の用途や表現方法によっても、制作費用・料金の相場は変動します。自社で素材を用意し、クリエイターに企画や編集をご依頼する場合は、10万円以下での動画制作も可能です。
静止画や映像の素材を事前に用意することで、費用を最小限に抑えつつも高品質な動画を制作できます。

動画制作の費用相場は、依頼する相手や範囲、用途によって異なります。個人のフリーランスに依頼すれば手頃な料金で動画制作ができますが、高度な専門知識や技術をもつ動画制作会社に依頼する場合はそれに見合った費用がかかります。
用途に合わせた柔軟な制作スタイルを選び、予算内で効果的な動画を制作しましょう。ニーズに合わせた最適なプランを見つけることが成功の鍵です。

POINT

動画制作の料金を抑えるポイント

動画制作は費用を抑えつつ品質を維持することが重要です。ここでは、動画制作の料金を効果的に抑えるポイントについてみてみましょう。

動画制作の目的を明確にする

まず、動画の目的を具体的に定義することで、不必要な要素を省き、効果的なコンテンツを生み出せます。
目的が明確であれば、制作においても効率的に進められます。

動画素材や台本を自社で用意する

外部から素材や台本を購入するよりも、自社で用意することで費用を大幅に削減できます。
クオリティの高い素材を自社で用意することで、オリジナリティを保ちながら予算を抑えられます。

複数の企業に見積もりをご依頼する

相見積もりをとると、競争によって費用が引き下げられることがあります。複数の動画制作会社に見積もりをご依頼し、料金やサービスの比較を行うことで、最適なパートナーを見つけられます。

フリー素材を活用する

動画に必要な素材や音楽などは、フリー素材を活用することで費用を抑えられます。クオリティの高い素材が無料で手に入る場合もありますので、積極的に検討しましょう。

自社で素材を用意する

動画に使用する素材や写真、イラストなどは、自社で用意することで制作費用を削減できます。また、オリジナリティを出すことも可能なのでおすすめです。

修正回数を少なくする

制作途中での修正はコストを増やす原因となります。事前に細かな要望や修正内容を整理し、一度にまとめてご依頼することで、修正回数を減らし、制作費を節約できます。

動画の尺を短くする

動画の尺を短くすることで、制作にかかる時間や使用する素材の量を減らせます。短い尺でも効果的なメッセージを伝えれば、予算の節約に繋がります。

動画制作の工程の一部を自社で対応する

一部の制作工程を自社で対応することで、外部の専門業者にかかる費用を減らすことができます。
たとえば、編集作業や一部のアニメーションなどを内製化することを検討してみましょう。

モデルではなく、自社スタッフを起用する

キャストにかかる費用を削減するために、動画に登場するキャストやナレーションなどを自社のスタッフに任せることも一つの手段です。

アニメーション動画を検討する

実写よりもアニメーション動画の制作費用が比較的抑えられることがあります。独自のスタイルやキャラクターを生み出すことで、視聴者に新鮮な印象を与えられます。
動画制作の費用は品質や尺によって変動しますが、これらのポイントを活用することで、予算内で効果的な動画を制作することが可能です。

動画制作においては、クオリティ、コストパフォーマンス、信頼性のバランスが重要です。
東京で動画制作に関するご相談や見積もりについては、お気軽にお問い合わせください。

HOW TO CHOOSE

動画制作会社の選び方とポイント

動画制作は、今や企業や個人が情報発信や広告などで効果的なメディアとして利用する一般的な手段です。
しかし、高クオリティな動画を制作するためには信頼性のある動画制作会社の選択が重要です。ここでは、動画制作会社を選ぶ際のポイントとコツについて詳しく解説します。

動画制作実績の豊富さを確認する

動画制作会社の実績は、その信頼性やクオリティを測る重要な指標です。WebサイトやSNSで公開されている制作実績を確認し、過去のプロジェクトがどれだけ成功しているかを見極めましょう。 これにより、会社の実力や得意分野を把握することができます。

料金が明確であるか確認する

動画制作料金や費用に関しては、事前に明確な情報を得ることが不可欠です。会社の公式サイトや資料を確認してください。予算内でのプロジェクト進行がスムーズになります。

提案力・企画力を重視する

動画制作は単なる技術だけでなく、クリエイティブな提案や企画力も求められます。講義動画や動画広告などに焦点を当て、会社がどれだけ戦略的でクリエイティブなアイディアを持っているかを確認しましょう。 戦略的なアプローチがプロジェクトの成功につながります。

担当者との相性を考慮する

動画制作の協力が円滑に進むためには、担当者との相性も重要です。初回の面談や相談時に、信頼できる担当者と出会えるかどうかを確認しましょう。
コミュニケーションを取りやすい関係が、プロジェクトの成功につながります。

作業スケジュールの明確さを確認する

プロジェクトの進行には明確なスケジュールが欠かせません。明確な作業スケジュールが出されているかに焦点を当てて、納期や進捗管理がスムーズに行えるかどうかを確認しましょう。

動画マーケティングに精通しているかチェックする

動画制作だけでなく、マーケティングにも精通しているかどうかは重要です。SEO対策やSNSを活用したプロモーションの経験があるか確認し、効果的な動画戦略を提案できるかを見極めましょう。
以上のポイントを踏まえ、動画制作会社の選定を行うことで、費用対効果などを考慮し、動画広告などの制作が可能となります。Web上での口コミや評判も確認し、信頼性のあるパートナーを見つけて、目的達成に向けてスタートしましょう。

東京での動画制作に関するご要望やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。スタジオライトニングがお手伝いさせていただきます。

CONTACT

関連サービスのご案内

  

【お問い合わせの流れ】

1.お問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。
2.担当者からご要望を伺います。
3.プランをご説明し、日程を決定致します。
4.提案内容を承諾頂けましたら、スタジ撮影もしくは出張撮影を致します。

お名前
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
貴社名(法人の方)
希望日時
お問い合わせ内容

PAGE TOP